Firebase


September 10, 2017

お行儀の良いFirebase CloudFunctionのデプロイ

FirebaseのCloud Functionで、作ったものをデプロイする時に、 $ firebase deploy --only functions とするのですが、複数人でFunctionを開発してそれぞれデプロイする場合に、上記のコマンドだと前のデプロイの内容を上書きしてしまうため良くない。 ので、複数人で開発してデプロイする場合は、あげたい関数名を functions の後に : (コロン)を付けて記述する。 $ firebase deploy --only functions:fooFunction また、複数ある場合は、functions:関数名 を , (カンマ)区切りで連結する $ firebase deploy --only functions:fooFunction,functions:barFunction これで他人がデプロイした関数を台無しにしないで済む。 参考 部分デプロイ

April 16, 2017

FirebaseAuth+RxSwift

Firebase Authでのサインイン・サインアウトの処理をRxSwiftを使ってイベントとして流せるようにしました。 また、RxSwift3.3.0から Single, Maybe, Completable が使えるようになったので、それらを使って実装してみます。 Swift 3.1 RxSwift 3.4.0 サインインの処理をSingleを使って サインインの処理は Single を使って実装してみます。 Single だと1回だけ success(next)かerrorが流れるのを保証できます。 ... Read more

written by sgr-ksmt